このエントリーを含んでいるはてなブックマーク    --年--月--日 --:--   edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリを del.icio.us に登録 この記事をはてなブックマークで晒す この記事をYahoo!ブックマークに登録する

endy / "C-Mental-Loop"

このエントリーを含んでいるはてなブックマーク    2012年11月03日 23:11   edit

DAIM ver.α│2yan(review)

 ボカロ曲でヒップホップ・ミュージックというと数も少なく、ラップがしっくりこないこともあってかあんまりいいものに出会った覚えがない。

 ボカラップというのは割とあるかもしれないが、曲の一部でラップが入るような曲だったりするので、バックトラックにラップを乗せるようなヒップホップ・ミュージックとはまた違う。

 この曲は、鬱なコンピュータの自我(のようなもの)MCによるラップをダークなループトラックに乗せ、いい感じに危険な空気を醸し出している。

 ただ、こういうループトラックが自作なのか、素材だけで簡単にできてしまうのかは自分にはわからないので、その辺の違いでもっと自分の見る目は変わってしまうけども。

 そして、注目したいところは意外だが、メロディなしの棒読みロボ声ラップ。無理にメロディや抑揚を付けていたとしたら、ボカロのしっくりこない変なラップになってそうな気がする。棒読みロボ声であればこその雰囲気が出せているのではないだろうか。

 はてブコメントに「お経ニューウェーブ」とか「VOCALOIDを逆手に取る」とか書いてる人もいる。そういうのも含めて、大して変わったことをしていない曲なのに、意外と何かを感じる、そんな棒読みロボ声ヒップホップ・ミュージック。

 あと、作者のendyさんのマイリストを見ると普段の作風がまったく違うというのも印象的だった。


********************
■music,lyrics:endy
■illust:浹れい(littre)
******************** 


関連記事
このエントリを del.icio.us に登録 この記事をはてなブックマークで晒す この記事をYahoo!ブックマークに登録する


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2yan.blog22.fc2.com/tb.php/1390-f939604b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。