このエントリーを含んでいるはてなブックマーク    --年--月--日 --:--   edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリを del.icio.us に登録 この記事をはてなブックマークで晒す この記事をYahoo!ブックマークに登録する

ゆうゆP / "experimental-002"

このエントリーを含んでいるはてなブックマーク    2012年11月04日 00:25   edit

DAIM ver.α│2yan(review)

 とあるファンタジックな世界で暮らしているミクさんの朝は早い。大自然に囲まれて暮らすミクさんは毎朝、木の実やキノコを採りに森へと出掛ける。

 何やら忙しない足音をトコトコ鳴らしながらキノコを物色しているミクさん。

「えーっと、あれ? ん~違うな~ これか? よし」

 さすがはミクさん、毒キノコかどうかちょっと迷ったが、そこは大自然での日々の暮らしの勘がものをいう。朝から景気よく立派なベニテングタケをゲットしたようだ。

 いかん、どうも自分は解釈がだんだんと明後日の方向へ向いてしまうのでこの辺でやめておこう。そもそも森の中で足音がトコトコ鳴るのは変だ。なにはともあれ、自分はこの曲を聴いてるとそういう世界が浮かんでくる(ベニテングタケの下りは除く)。

 歌詞は「ラララ」だけなのに刺さりそうなほど伝わってくるささやかな幸福感。ファンタジックで明るい曲調で悲しい歌詞もないのに、日々の暮らしを感じさせる生活感のようなものになぜか涙が出そうになる

 余談になるけど、ゆうゆPは時折いつもと違うスタイルでこういう曲を出してくる珍しい有名Pですよね。

********************
■music,lyrics:ゆうゆP
■illust:ゆうゆP
******************** 

 

関連記事
このエントリを del.icio.us に登録 この記事をはてなブックマークで晒す この記事をYahoo!ブックマークに登録する


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2yan.blog22.fc2.com/tb.php/1392-57b9dc90
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。