「shiningray」

このエントリーを含んでいるはてなブックマーク    2008年09月28日 20:32   edit

すでに一部では「衝撃の新人デビュー!」と評判も高いです。
ハードロックとしては珍しく伸びてきています。
初音さんの声にも感情がこもってます。
あえて言えばMixにちょっと失敗してるような感じがもったいない。

歌詞もいいので知り合いが書き写したものを載せときます。


作詞:164
作曲:164
編曲:164

shiningray

そっと手を伸ばした 向こうのカゴのフルーツ
静かに過ぎる時間と 億千の思い出と
大丈夫だから 怖くなんてない
もう泣かないで あたし・・・
shining ray and burning red
今だけ強がらせて きっといつか帰る日が来ると
信じてここにいるから

きっと何も変わらず 全てがこのままなの
何度も見た風景と ちょっとずれた時計
何をしてても 何を思っても
同じこと いつか・・・
shining ray and burning red
明日という遠い日 怖くて苦しくて
この手が届かないよ

今、目に映ってる空 雲一つない青
今、確かにわかるのは 明日はもう来ない


もう 少し眠たいの
ねえ このわたしの
ちょっと小さな宝箱 中には大事な
思い出だけ 思い出だけ
shining ray and burning red
今だけ強がらせて もうすぐ終わりが来ると
わかってここにいるから 

shining ray and burning red
幸せな日々でした あたしは眩しい空から
みんなを見守るから


  • 【初音ミク】shiningray【オリジナル】
関連記事
このエントリを del.icio.us に登録 この記事をはてなブックマークで晒す この記事をYahoo!ブックマークに登録する


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://2yan.blog22.fc2.com/tb.php/408-b170f1fc
    この記事へのトラックバック